2022年10月26日更新コロナウィルスの影響で日本人渡航者に対する入国制限措置や行動制限措置を取っている国一覧

海外旅行

2022年10月25日付で外務省が公表した「各国における新型コロナウイルス感染症に係る入国制限措置と入国後の行動制限措置に関する状況」について、パスポートナビでも詳しくご案内いたします。

日本でも実施されていた水際対策が徐々に緩和されており、一部の国ではワクチン接種者には入出国の検査や数日間の自宅待機が不要となりました。

ただ季節が変わり感染者が増加するとの報道もありますので、油断せずしっかりと感染予防対策をしては最新の情報を常に確認し、渡航計画を立ててください。

また欧州・米国などでは観光客の受け入れ始めている国も出てきていますが、いまだ多くの国で渡航者入国後の行動制限措置、入国制限措置と入国後の行動制限措置の双方の措置をとっている国・地域があります。

海外に渡航を予定されていらっしゃる方は各国の対策は流動的ですので、常に最新の情報をご確認ください。

スポンサーリンク

2022年10月26日更新!日本人に対して入国制限措置や行動制限措置を課している国(126ヵ国)

入国制限措置や行動制限措置を取った国:ア行

アゼルバイジャン
アラブ首長国連邦(UAE)
アルジェリア
アンゴラ
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
インド
インドネシア
ウガンダ
ウクライナ
ウルグアイ
エクアドル
エジプト
エスワティニ
エチオピア
エリトリア
オーストラリア(豪州)

入国制限措置や行動制限措置を取った国:カ行

ガーナ
ガイアナ
カザフスタン
カタール
カメルーン
韓国
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
キューバ
キリバス
グアテマラ
ケニア
コートジボワール
コソボ
コモロ
コロンビア
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国

入国制限措置や行動制限措置を取った国:サ行

サウジアラビア
サモア
サントメ・プリンシペ
ザンビア
サンマリノ
シエラレオネ
ジブチ
シリア
シンガポール
ジンバブエ
スペイン
スリナム
スリランカ
スロバキア
セーシェル
赤道ギニア
セネガル
ソロモン諸島

入国制限措置や行動制限措置を取った国:タ行

タイ
台湾
タジキスタン
タヒチ(フランス領ポリネシア)
タンザニア
チャド
中央アフリカ共和国
中国
チュニジア
チリ
ツバル
トーゴ
ドミニカ共和国
トリニダード・トバゴ
トルクメニスタン
トンガ

入国制限措置や行動制限措置を取った国:ナ行

ナイジェリア
ナウル
ニウエ
ニカラグア
ニジェール
ニュージーランド
ネパール

入国制限措置や行動制限措置を取った国:ハ行

ハイチ
パキスタン
バヌアツ
パラオ
パラグアイ
パレスチナ
バングラデシュ
東ティモール
フィジー
フィリピン
ブータン
ブラジル
ブルキナファソ
ブルネイ
ブルンジ
米国
ベトナム
ベネズエラ
ベラルーシ
ベリーズ
ペルー
ボツワナ
ボリビア
香港
ホンジュラス

入国制限措置や行動制限措置を取った国:マ行

マーシャル
マカオ
マダガスカル
マラウイ
マリ
マレーシア
ミクロネシア
南スーダン
ミャンマー
モーリシャス
モーリタニア
モザンビーク
モルディブ
モロッコ
モンゴル

入国制限措置や行動制限措置を取った国:ヤ行

ヨルダン

入国制限措置や行動制限措置を取った国:ラ行

ラオス
リビア
リベリア
ルワンダ
レソト
ロシア

入国制限措置や行動制限措置を取った国:ワ行

詳細の情報は、各大使館または外務省のウェブサイトなどでご確認ください。

詳細の情報は、各大使館または外務省のウェブサイトなどでご確認ください。

各国で入国制限の緩和等、徐々にコロナ前のような落ち着きを取り戻しつつありますが、各国の一日の感染者数は高い水準にあります。くれぐれもご注意ください。

皆様の安全を心よりお祈りし、微力ながら皆様のお力になれるようできる限り最新の情報を更新してまいります。

パスポートナビ

スポンサーリンク

記事製作:パスポートナビ

パスポートナビではパスポートの取得や更新についてや、全国のパスポートセンター・窓口について詳しく紹介しております。

またコロナウィルスによる入国規制などの情報もお届けします。

皆様の快適な海外旅行に少しでもパスポートナビがお役立てできますと幸いです。

2020年2月26日海外旅行ビザ,入国制限