Q.ICパスポート(旅券)って?

ICパスポート

2006年3月20日から新しいタイプのパスポート(旅券)の申請が開始されています。

このICパスポートには、これまで以上に偽変造が難しくなるよう様々な工夫を施していますが、一番の特徴はIC(集積回路)を搭載し、国籍や名前、生年月日など旅券面の身分事項のほか、所持人の顔写真を電磁的に記録していることです。

ICパスポートもこれまでと同じように冊子型ですが、冊子中央にICチップ及び通信を行うためのアンテナを格納したカードが組み込まれています。

ICパスポートの導入により、顔写真を貼り替えたパスポート等を使用してもICチップに記録されている情報と照合することにより偽造を見破ることが容易となるため、パスポートの偽変造がより困難になります。

また、今後、各国の出入国審査等でICチップに記録された顔画像とその旅券を提示した人物の顔を照合する電子機器が段階的に整備されていくことにより、他人の「なりすまし」によるパスポートの不正使用防止の効果が期待されます。

(ICパスポートの導入を規定した改正旅券法は第162回国会で可決され、2005年6月10日に公布されました。)

本ページでは、ICパスポートについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

ICパスポート導入の背景

近年、パスポートの偽変造や成りすましによる不正使用が増加し、国際的な犯罪組織や不法な出入国に利用されているため、より偽変造が困難で、安全性の高いパスポートとして生体情報認証技術(バイオメトリクス)の応用が研究されてきました。

特に2001年の米国同時多発テロ以降は、テロリストによるパスポートの不正使用を防止する観点から国際会議でも活発に議論され、また、米国がビザ免除継続の要件として各国にバイオメトリクスを採用したパスポートの導入を求めたことがこの議論に拍車をかけました。

パスポートは自国のみでなく世界中の国々で使用されることから国際的な相互運用性が重要とされ、ICAO(国際民間航空機関)において国際標準化作業が進められました。

そしてICAOは、2003年5月、記録媒体として非接触型ICチップを選択し、ICチップに記録する必須の生体情報として「顔画像」を採用しました。

したがって、日本が発行するICパスポートの生体情報としては、「顔画像」のみを記録しています。

米国入国ビザ(査証)との関係

米国は、同国にビザ免除で渡航するためには、ビザ免除プログラムの対象国(日本を含む27カ国)においてパスポートがICパスポートでなければならないことを求めています。

具体的に現在使用されている我が国のパスポートとの関係を整理すると以下のとおりです。

(1)2006年3月20日の申請分から、日本の旅券は原則ICパスポートとなっていますので、ビザ免除プログラムが適用され、短期滞在目的であればビザなしで米国へ渡航できます。
(ICパスポートは表紙にICパスポートを示す世界共通のマークがあります。)
ICパスポート

(2)2006年3月19日までに申請された旅券は機械読み取り式です(一部の在外公館で発行された旅券を除く。)が、ICパスポートではありません。

しかし、デジタル写真を搭載していることからビザ免除プログラムが適用され、短期滞在目的であれば、ビザなしで米国へ渡航できます。
(日本国内で発行された旅券は全てデジタル写真による機械読み取り式旅券です。)
ICパスポート

(3)一部の在外公館において、2006年3月19日までに申請された旅券には機械読み取り式でない旅券があります。

これらに対してはビザ免除プログラムは適用されず短期滞在目的であってもビザが必要ですのでご注意ください。⇒ICパスポート作成機が設置されていない在外公館

米国がビザ免除継続の要件としてビザ免除対象国(日本を含む27か国)に課したICパスポート導入期限は、当初の期限から1年間延期され2006年10月26日になりました。

 具体的には以下のとおりです。

(1)2006年10月25日までに発行された機械読み取り式パスポートは、ICが搭載されていなくても顔写真がデジタル印刷であればビザが免除されます。

我が国の機械読み取り式パスポートの顔写真は全てデジタル印刷となっていますので、2006年10月26日以降もそのパスポートの有効期間中はビザなしで米国に渡航することができます。

(2)2006年10月26日以降に発行されるパスポートはICパスポートでないとビザが免除されませんが、日本では同年3月20日以降の申請に対して国内はもとより原則全在外公館でICパスポートを発給いたします。

ICパスポートを狙った犯罪(スキミング)

日本でも近年増えておりますが、海外では観光客を狙ったクレジットカードやICパスポートを狙ったスキミングという犯罪が多発しております。

スキミングとは
スキミング(英語: Skimming)とは、カード犯罪で多く使われる手口の一つで、磁気ストライプカードに書き込まれている情報を抜き出し、全く同じ情報を持つクローンカードを複製する犯罪です。

この犯罪行為の手法は、そのカードの磁気に記録されている各種データを、カード情報を読み取る機能を持ったスキマー(スキミングマシンとも言う)という装置により盗み取ります。

満員電車などで近づいてスキマーで読み取ったりするなどがありますが、海外のホテルではセキュリティボックスに預けていても、部屋の外からスキマーで情報だけ盗まれるケースもあるそうです。

ICパスポートは10cm以内の接触、情報の暗号化をされており、またICパスポート内に記載されているパスワードみたいなものが必要となりますが、海外では1m以内のものを読み取れるように改良されたスキマーもありますので、不安になられる場合は「スキミングブロック」を施したカバーなどをご利用されてみてはいかがでしょうか。

ICパスポート作成機が設置されていない在外公館

以下の在外公館ではIC旅券作成機が配備されておらず、ICパスポートの申請から交付まで、申請先在外公館によっては最大1ヶ月程度必要となります。

以下の在外公館でパスポートの切替申請等を予定される場合には、上記所要日数にご留意いただき早めの申請が必要です。

また現地治安状況の悪化により一時閉鎖している公館もあるため、必ず在外公館リストより最新の情報をご確認ください。

▶アジア地域
在コルカタ日本国総領事館
在済州日本国総領事館
在東ティモール日本国大使館
在ブルネイ日本国大使館
在マカッサル領事事務所
在メダン日本国総領事館
在モルディブ日本国大使館

▶大洋州地域
在サモア日本国大使館
在ソロモン日本国大使館
在トンガ日本国大使館
在バヌアツ日本国大使館
在パプアニューギニア日本国大使館
在パラオ日本国大使館
在マーシャル日本国大使館
在ミクロネシア日本国大使館

▶北米中南米地域
在ハイチ日本国大使館
在バルバドス日本国大使館
在ベリーズ日本国大使館(新設公館)

▶欧州地域
在アイスランド日本国大使館
在アゼルバイジャン日本国大使館
在アルバニア日本国大使館
在アルメニア日本国大使館
在ウズベキスタン日本国大使館
在エストニア日本国大使館
在カザフスタン日本国大使館
在北マケドニア日本国大使館
在キプロス日本国大使館
在キルギス日本国大使館
在クロアチア日本国大使館
在サンクトペテルブルク日本国総領事館
在ジョージア日本国大使館
在スロバキア日本国大使館
在スロベニア日本国大使館
在セルビア日本国大使館
在タジキスタン日本国大使館
在トルクメニスタン日本国大使館
在バチカン日本国大使館
在ハバロフスク日本国総領事館
在ブルガリア日本国大使館
在ベラルーシ日本国大使館
在ボスニア・ヘルツェゴビナ日本国大使館
在モルドバ日本国大使館
在ユジノサハリンスク日本国総領事館
在ラスパルマス領事事務所
在ラトビア日本国大使館
在リトアニア日本国大使館

▶中東地域
在イエメン日本国大使館
在イラク日本国大使館
在エルビル領事事務所
在オマーン日本国大使館
在クウェート日本国大使館
在ジッダ日本国総領事館
在シリア日本国大使館
在トルコ日本国大使館
在バーレーン日本国大使館
在レバノン日本国大使館

▶アフリカ地域
在アンゴラ日本国大使館
在ウガンダ日本国大使館
在エチオピア日本国大使館
在ガーナ日本国大使館
在ガボン日本国大使館
在カメルーン日本国大使館
在ギニア日本国大使館
在コートジボワール日本国大使館
在コンゴ民主共和国日本国大使館
在ザンビア日本国大使館
在ジブチ日本国大使館
在ジンバブエ日本国大使館
在スーダン日本国大使館
在セーシェル日本国大使館(新設公館)
在セネガル日本国大使館
在タンザニア日本国大使館
在チュニジア日本国大使館
在ナイジェリア日本国大使館
在ナミビア日本国大使館
在ブルキナファソ日本国大使館
在ベナン日本国大使館
在ボツワナ日本国大使館
在マダガスカル日本国大使館
在マラウイ日本国大使館
在マリ日本国大使館
在南スーダン日本国大使館
在モーリシャス日本国大使館
在モーリタニア日本国大使館
在モザンビーク日本国大使館
在リビア日本国大使館
在ルワンダ日本国大使館

ICパスポート(旅券)についてのQ&A

以下では、ICパスポート(旅券)についてQ&A方式でよくある質問についてご紹介いたします。

日本のICパスポート(旅券)

パスポート,申請,ICパスポート,旅券
Q.ICチップにはどのような情報が記録されるのですか。指紋も記録されますか?
A.日本が導入したICパスポート(旅券)に記録される生体情報は、ICAO(国際民間航空機関)が策定したICパスポート(旅券)の国際標準において必須と規定されている顔画像・国籍・氏名・生年月日・旅券番号など旅券面の記載事項が記録されていますが、指紋は記録されません。ただ、いくつかの国では、指紋を記録しており、また、虹彩情報(こうさい情報)を記録するための研究が進められています。

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポートQ.今持っているパスポートからICパスポート(旅券)に変える必要はありますか?
A.現在お持ちの旅券は有効期間満了まで使用することができますので、切り替える必要はありませんが、アメリカへESTAを利用し渡航する場合はICパスポート(旅券)である必要があります。⇒ESTA(エスタ)とは

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポート

ICパスポート(旅券)の申請手続

Q.ICパスポート(旅券)の申請方法は以前の申請方法と何か変わりましたか?
A.申請手続は大きく変わりませんが、以下の点が変更になりました。
写真の中で顔の占める割合が大きくなりました(写真サイズは変わっていません)。⇒パスポート申請用写真の規格について

申請書様式が新しくなりました。
発給手数料が1,000円高くなりました(ICチップの実費相当分)。⇒パスポート新規取得申請時の手数料
パスポートを受け取る際、交付端末機によりICチップに記録された情報の確認を行います。

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポートQ.2006年3月20日から写真の規格が変わったとのことですが、古い規格で申請するとどうなりますか?
A.申請時の写真の規格が変更されており、旧規格の写真はパスポート申請用写真として使用できない為、申請を受付られません。現在の規格の写真を用意する必要があります。⇒パスポート申請用写真の規格について

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポートQ.申請から交付までの期間は長くなったのですか?
A.交付までに要する期間は以前と同じで、通常1週間程度(土・日・休日を除く)必要となっております。

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポートQ.1年以上有効期間のある現行パスポートからICパスポート(旅券)に切り替えることはできますか。また、その時の手数料は減額されますか?
A.ICパスポート(旅券)に切替申請することはできますが、残りの有効期間はICパスポート(旅券)の有効期間に加算されません。この場合、本来の有効期間満了まで使用できる旅券を、御本人の意思で切替申請されることになりますので、切替申請の手数料を支払う必要があります。⇒切替更新申請の手数料

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポート

ICパスポート(旅券)の利用

Q.ICパスポート(旅券)になると空港などの出入国審査が速くなりますか?
A.ICパスポート(旅券)をどのように活用して本人確認するかは各国の入国管理当局の判断によりますが、ICパスポート(旅券)の利用方法としては以下のことが考えられます。
(1)入国審査官がパスポートの顔写真と本人を見比べて同一人であることを確認する。
(2)ICチップの画像を読み出してディスプレーに表示するとともに、本人及び旅券面の写真とを入国審査官が目視により比較し、同一人であることを確認する。
(3)本人の顔をカメラで撮影しICチップの画像と機械により照合することで、入国審査官の目視確認を支援する。
(4)ICパスポート(旅券)を利用して出国・帰国審査を自動化する。

多くの国で機器の導入が進められ、入国審査を迅速化・効率化の支援につながっており、特に旅券の真正性の判断(偽造や改ざんがなされていないことの確認)が容易になった分、審査のスピードアップにつながっているといえます。

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポートQ.ほかにICパスポート(旅券)を持つことのメリットは何かありますか?
A.偽造や改ざんが困難なICパスポート(旅券)を持つことにより、万一、旅券が盗難にあっても、貴方の身分を装った不正使用に対する抑止効果が期待されます。その結果、日本国旅券の信頼性が向上し、出入国手続がスムーズになるとともに、日本に対する査証(ビザ)免除の維持や拡大につながることが期待されます。

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポートQ.ICパスポート(旅券)で外国に入国するとき、その国にICの読み取り装置がなかった場合は、審査に時間を要したり、入国できないということにはなりますか?
A.読み取り装置がない場合は、入国審査官がICパスポート(旅券)もその他の旅券も同様に審査を行いますので、ICパスポート(旅券)であるために不利益を被るような扱いを受けることは考えられません。

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポート

ICパスポート(旅券)の安全対策

Q.ICチップに記録された個人情報が知らない間に読み取られることはありませんか?
A.ICの情報を読み取るためには、写真のあるページの下部に印刷されている数字やアルファベットをパスワードとして入力する必要があります。カバンやポケットに入れて旅券を閉じている状態では第三者にはパスワードが分からないため、気付かない間に読取り装置を通信可能域(10センチメートル以内)に近づけられても、ICの情報が読み取られることはありません。

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポートQ.ICパスポート(旅券)を持っていることにより、GPSのように行動を追跡されることはありませんか?
A.ICパスポート(旅券)は読取り装置に載せている間だけ、一時的に通信状態となるだけで、しかもその通信可能領域は仕様上10センチメートル以内(実際には3センチメートル程度)と極めて狭いため、特定のICパスポート(旅券)を追跡するのは困難と言えます。

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポートQ.ペースメーカーを装着している場合、ICチップから電磁波が出ているのではないか心配ですが大丈夫ですか?
A.ICに記録された情報を読み出すために旅券冊子を読取り機にかけた時以外、電磁波は発生しません。なお、旅券の交付を受ける時に読取り機にかけますが、電磁波は極めて微弱なものとなっています。

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポートQ.ICパスポート(旅券)を身分証明書として旅行代理店等に提出した場合、ICチップに記録された個人情報は読み取られるのでしょうか?
A.パスポートのICチップの仕様はICAO(国際民間航空機関)が作成した国際標準に準拠しており、その技術情報は一般に公開されていることから、民間企業においてもICパスポート(旅券)の読取装置の調達は可能であり、この装置を保有する者であればICチップの情報を読み取ることは可能です。

 旅券のICチップに記録された情報は、パスポートの写真のあるページに印刷されている個人情報と同じものであり、旅券冊子をコピーするのと同様に読取装置の保有者はその読み取りデータを蓄積することも可能です。

 旅行会社、航空会社等の事業者がパスポートのICチップのデータを読み取って蓄積する場合には、個人情報保護法に基づき個人情報の利用目的等を旅券の所持人に通知するか、又は公表する必要があります。コピーと異なり、ICチップの記録はデジタル・データであり、読み取った情報の収集や転用が容易であることから、空港の出入国管理以外の場所でICパスポート(旅券)データの読み取りを前提にパスポートの提出を求められた場合にはご注意ください。

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポート

ICチップの破損

Q.もし、出入国審査時にICチップが壊れていることが分かったときはどうなりますか?
A.ICチップに書き込まれた情報は旅券面の情報を電磁的に記録したものです。ICパスポート(旅券)はICチップの情報と券面情報を比較して偽変造の有無を確認することができますが、ICの情報を見なくともこれまでどおりの審査を実施することができます。したがって何らかの事情でICの情報を読み出すことができなくとも、それのみをもって旅券が無効になるわけではありません(情報が読み出せない原因がICチップの破損なのかリーダーの不具合なのか即座に判断することも困難です)。ICAO(国際民間航空機関)の認識もICチップは身分事項ページに記載された券面情報を補助する位置付けです。しかし故障の場合、ICAOガイドラインでは慎重に審査する取扱いとなっており、入国審査等に時間を要することも考えられます。

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポートQ.ICチップが壊れたときは新しいICパスポート(旅券)と交換する必要がありますか?
A.上記のとおりICチップが作動しなくなっても旅券として無効になるわけではありませんが、ICチップの損傷が確認され、あるいは、ICチップ本体やチップの入った頁(シート)が破損等したときは、航空機への搭乗手続や出入国及び査証審査におけるトラブルを回避する観点から、新しい旅券への切替についてご検討ください。

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポート

米国のビザ免除要件

Q.2006年10月26日以降、ICパスポート(旅券)でないとビザなしで米国へ入国できなくなったのですか?
A.2006年10月26日以降に発給される旅券がICパスポート(旅券)でない場合には、短期滞在目的でも米国に入国するためにはビザ(査証)が必要となりますが、その前日までに発給された旅券は、ICパスポート(旅券)でなくても機械読み取り式旅券であれば(日本国内で発行された日本旅券は全て機械読み取り式旅券です)、その後もビザなしで米国に入国することができます。日本では2006年3月20日の申請分からICパスポート(旅券)の発給を開始しているため、いずれにしても問題は生じません。但し、一部の在外公館において2006年3月19日までに申請された旅券には機械読み取り式旅券でないものがありますので御注意下さい。

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポートQ.米国のほかにICパスポート(旅券)でないと入国が制限される国はありますか。
A.ICパスポート(旅券)でないとビザを要求する旨発表している国は、現在のところ米国(ただし、2006年10月26日以降に発行されるパスポートのみ)以外には現在のところありません。

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポート

その他

Q.ICパスポート(旅券)の保管に際して、磁気の他、注意しなければならないことはありますか?
A.パスポートをタンス等に入れて保管されている方もいると思われますが、その際、長期間、防虫剤と一緒にして保管している場合、防虫剤の影響により、パスポートのラミネートが変色する可能性がありますので、防虫剤とは一緒に保管しないようにして下さい。ラミネートが変色している旅券で渡航すると入出国審査において問題が生じる可能性があります。

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポートQ.ICパスポート(旅券)の保管に際しての注意事項として、「磁気の強い場所は避けてください」とありますが、どの程度の磁気なら大丈夫なのですか?
A.日常生活において利用されている磁石及び携帯電話等の電子機器類が発する磁気が、ICパスポート(旅券)のICチップの動作に悪影響を与える可能性はほとんどありません。磁気ネックレス(健康器具)やハンドバッグの留め金等に使用されている磁石の4~10倍の強さの磁気に触れてもICチップが壊れないように、ICパスポート(旅券)は作られています。ただし、微弱な磁気であっても、長期間テレビの上などに放置するなど、磁気を受け続けるような状態におくことは避けた方が望ましいため、ICページに注意書きを記載しています。

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポートQ.旅券の身分事項のページ(写真のページ)内の「型/タイプ」の欄に「P」と表示されていますが、これはどのような意味ですか?
A.「P」は旅券の英語表記「パスポート:Passport」の頭文字「P」を取り、これが旅券(パスポート:Passport)であることを意味しています。出入国審査では、旅券の身分事項ページ下段のアルファベットと数字2行で記載されている情報を機械で読み取ります。この2行の先頭に「P」が記載されており、この「P」を読取って旅券であることが認識されます(ただし、写真をそのまま貼るタイプの非機械読取旅券にはこの2行の情報が印刷されていませんので、機械処理されません。)。機械読取旅券はICAO(国際民間航空機関)で国際標準として制定され、日本の全ての旅券に「P」と記載されています。「P」の他には、旅券上の表記ではありませんが、査証(ビザ:VISA)を意味する「V」などがあります。また、日本は「P」一文字ですが、国によってはPDやPMのように、2文字を用いている場合もあります。

ICパスポートのQ&A 一覧に戻る

ICパスポート

▶パスポート取得申請関連ページ

⇨パスポート新規発行(発給)取得申請から受領までの流れ
⇨未成年者のパスポート取得申請における注意点
⇨パスポート更新(切替発給)手続きの申請から受領までの流れ
⇨パスポート再発行手続きの取得申請から受領までの流れ
⇨パスポート紛焼失届出の申請方法
⇨本籍地や名前、苗字変更時のパスポート記載事項変更申請方法
⇨パスポート増補(余白ページ追加)手続き方法
⇨パスポート申請用証明写真の規格(申請用写真撮影時の服装等注意点)
⇨パスポートの必要残存有効期間って?
⇨パスポート窓口の混雑する時期・時間・曜日
⇨ICパスポート(旅券)とは
⇨パスポートは5年?10年?メリット・デメリットを比較
⇨渡航先でパスポートを紛失した場合など、帰国のための渡航書の申請の流れ

⇦パスポートナビTOPに戻る

記事製作:パスポートナビ

パスポートナビではパスポートの取得や更新についてや、全国のパスポートセンター・窓口について詳しく紹介しております。

またコロナウィルスによる入国規制などの情報もお届けします。

皆様の快適な海外旅行に少しでもパスポートナビがお役立てできますと幸いです。