パスポート申請に印鑑(実印)は必要?

 

2018年最新版! アジア旅行を安くできるベストタイミングとは?

パスポートの申請について、
「パスポートを申請するにあたり、申請窓口へ印鑑(実印など)の持参は必要か?」
という、お問い合わせをよくいただきます。

パスポートの申請・受取にあたり、印鑑(実印など)は不要です。

但し、ある条件の場合印鑑が必要となりますのでご注意ください。
ある条件とは、パスポート申請時に本人確認のための書類の一つとして、印鑑登録証明書1通を提出する場合です。

申請者本人と確認できる書類一覧は以下をご覧ください。


申請者本人と確認できる書類
以下、全て原本のみ有効となります。

(イ)1点で良い書類(一部省略)
運転免許証、船員手帳、写真付き住基カードなど
※平成28年1月以降、交付されている「個人番号カード(マイナンバーカード)」につきましては、本人確認書類として使用できますが、平成27年10月5日以降に住民登録をしている市町村から送付される「通知カード」については、本人確認書類として使用できませんのでご注意ください。

(ロ)2点必要な書類((ロ)の書類がない場合)
AとBの各1点、又はAから2点を提示する必要があります。

▼書類一覧
A:健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証、船員保険証、後期高齢者医療被保険者証、国民年金証書(手帳)、厚生年金証書、船員保険年金証書、恩給証書、共済年金証書、印鑑登録証明書(この場合は登録した印鑑も必要)等

B:次の内写真が貼ってあるもの
学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書等
パスポート,申請,印鑑
書類一覧Aグループの運転免許証や、写真付き住基カードを提示すれば不要ですが、「(ロ)2点必要な書類((ロ)の書類がない場合)」の本人確認書類で「印鑑登録証明書」を提出する場合、印鑑登録証明書と登録印を持参しなければなりません。

印鑑登録証明書で申請する場合、登録されている印鑑がなければ申請が受理されませんので、ご注意ください。

▶パスポート申請時の必要なものまとめ

⇨パスポート申請時に必要なものと申請方法
⇨パスポート申請に印鑑(実印)は必要?
⇨子供・乳幼児のパスポート申請に必要なもの・書類、申請方法

▶パスポート取得申請関連ページ

⇨パスポート新規発行(発給)取得申請から受領までの流れ
⇨未成年者のパスポート取得申請における注意点
⇨パスポート更新(切替発給)手続きの申請から受領までの流れ
⇨パスポート再発行手続きの取得申請から受領までの流れ
⇨パスポート紛焼失届出の申請方法
⇨本籍地や名前、苗字変更時のパスポート記載事項変更申請方法
⇨パスポート増補(余白ページ追加)手続き方法
⇨パスポート申請用証明写真の規格(申請用写真撮影時の服装等注意点)
⇨ICパスポート(旅券)とは
⇨ICパスポート(旅券)についてのQ&A
⇨パスポートは5年?10年?メリット・デメリットを比較

▶渡航先等、海外でのパスポート取得申請関連ページ

⇨パスポート新規発行(発給)取得申請から受領までの流れ
⇨未成年者のパスポート取得申請における注意点
⇨パスポート更新(切替発給)手続きの申請から受領までの流れ
⇨パスポート再発行手続きの取得申請から受領までの流れ
⇨パスポート紛焼失届出の申請方法
⇨帰国のための渡航書の申請の流れ
⇨本籍地や名前、苗字変更時のパスポート記載事項変更申請方法
⇨パスポート増補(余白ページ追加)手続き方法
⇨パスポート申請用証明写真の規格(申請用写真撮影時の服装等注意点)
⇨ICパスポート(旅券)とは
⇨ICパスポート(旅券)についてのQ&A
⇨ICパスポート(旅券)作成機が設置されていない在外公館
⇨パスポートは5年?10年?メリット・デメリットを比較

⇦パスポートナビTOPに戻る


⇦パスポートナビTOP

パスポート申請