Q.パスポートの新規発行・取得、申請方法って?

 

2018年最新版! アジア旅行を安くできるベストタイミングとは?

パスポートナビをご覧いただきありがとうございます。

初めてパスポートを取得・申請される方や、以前パスポートを取得したけど期限が切れているため再度新しく取得される方へ、パスポートの申請から受取までの流れを詳しく紹介しています。

※本事例は国内でパスポートを取得・申請する際の例となります。海外での申請をされる方は「渡航先など海外の滞在先でのパスポート新規発行(発給)取得申請方法」をご覧ください。

また、パスポートの「更新(切替発給)」、「再発行」、「紛失・盗難届」、「氏名や本籍等の変更」、「査証欄増補(余白ページの追加)」の場合は、それぞれ該当のリンクよりアクセスしてご覧ください。

パスポートの新規申請は原則、住民登録のある地域の申請窓口で行う事ができます。

※但し、住民登録がある地域以外への通学者、長期出張・転勤の方は、一定の要件を満たし、申請予定の地域に実際のお住まいがある方は、居住先を証明する資料を提出することで、申請(届出)ができる場合があります。


下記では住民登録のある地域でパスポートの新規申請を行う方法をご紹介しております。
住民登録がある地域以外でパスポートの新規申請を行う場合は、都道府県のパスポート申請窓口にて詳細をご覧ください。

パスポート新規発行(発給)の取得申請に必要な書類

パスポートを新しく取得・申請する際、事前に以下の書類が必要となります。

(1)一般旅券発給申請書 1通

パスポート,一般旅券発給申請書,5年,10年
パスポート申請書はパスポート申請窓口で配布しておりますが、平成28年1月4日以降、海外からの申請のみ「ダウンロード申請書」が使用できるようになっております。

※平成29年度にテスト期間として一時的に利用できましたが、平成30年現在、日本国内での申請には使用できません。渡航先等、海外でパスポートを申請する場合のみとなります。

一般旅券発給申請書は2種類あり、「5年有効なパスポート申請」用と「10年有効なパスポート申請」用があります。
(注)20歳未満の方は、5年有効なパスポートしか申請できません。

⇒パスポートは5年?10年?メリット・デメリットを比較

また、パスポートの申請に必要な「一般旅券発給申請書」につきまして、都道府県によってはパスポート窓口以外にも役所や役場、市民センター等でも配布しております。

詳細はお住まいのパスポート窓口にお問い合わせください。

⇒全国のパスポートセンター・パスポート申請窓口一覧

(2)戸籍謄本(または戸籍抄本) 1通

パスポートを新しく取得申請される際、戸籍謄本が必要となります。
申請日前6カ月以内に作成されたもので、お住まいの地域の役所・役場にて取得してください。

(3)住民票の写し 1通

申請日前6カ月以内に作成されたもので、お住まいの地域の役所・役場にて取得してください。
但し、住民基本台帳ネットワークシステムを利用することにより、原則不要となっています。海外で申請する場合は不要です。

(4)パスポート申請用の証明写真 1葉

パスポート,写真,証明写真,サイズ,申請用

パスポート写真の規格と見本
(外務省HPより)

 「(パスポート申請用証明写真の規格について)」
・縦45ミリメートル×横35ミリメートルの縁なしで、無背景(無地で淡い色)の写真。
・申請日前6カ月以内に撮影されたもの。
・無帽で正面を向いたもので、頭頂からあごまでが34±2mmであるなど申請書に記載されている規格を満たしていることが必要です。
・写真の裏面には申請者の氏名を(表面に文字が浮かび出ないよう筆圧に注意して)記入してください。

(注)ご記入の際は表面にインクがにじまないように、また凸凹が出ないようにご注意ください。

パスポート申請用の写真につきまして、要件が満たしていない場合撮りなおしを求められ、申請が受理されない場合もありますので、ご注意ください。
インスタント証明写真でも問題ございませんが、5年・10年と使用するものですのでフォトスタジオやカメラショップなどで、プロにお任せすることをおススメします。

(5)申請者本人と確認できる書類

パスポートを新しく取得申請する際、必ず本人と確認できる書類が必要です。
以下、全て原本のみ有効となります。

(イ)1点で良い書類(一部省略)
運転免許証、船員手帳、写真付き住基カードなど
※平成28年1月以降、交付されている「個人番号カード(マイナンバーカード)」につきましては、本人確認書類として使用できますが、平成27年10月5日以降に住民登録をしている市町村から送付される「通知カード」については、本人確認書類として使用できませんのでご注意ください。

(ロ)2点必要な書類((ロ)の書類がない場合)
AとBの各1点、又はAから2点を提示する必要があります。

▼書類一覧
A:健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証、船員保険証、後期高齢者医療被保険者証、国民年金証書(手帳)、厚生年金証書、船員保険年金証書、恩給証書、共済年金証書、印鑑登録証明書(この場合は登録した印鑑も必要)等

B:次の内写真が貼ってあるもの
学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書等

窓口でパスポートを申請をする

上に掲げられている書類を全部そろえ、住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請してください。

パスポートの取得申請窓口につきまして、月曜日等の休日明け、平日の昼前後及び夕方は、窓口が特に混雑します。
またゴールデンウィーク、夏休み・お盆、年末年始及び春休み期間中は混雑が予想されますので、時間に余裕を持って行くことをおススメします。

↓パスポート窓口が混雑する時間帯

パスポートの申請から受領まで、1週間程度(土・日・休日を除く)必要となります。旅行に出かけられるまでに余裕をもったスケジュールでご調整ください。

●未成年者(20歳未満の未婚者)がパスポートを申請する場合

未成年者が新しくパスポートの取得申請を行う場合、申請書裏面の「法定代理人署名」欄に親権者(父母又はそのいずれか一方)又は後見人が必ず署名しなければなりません。
親権者又は後見人が遠隔地に在住し、申請書に署名ができない場合には、親権者本人又は後見人の署名のある同意書を提出する必要があります。

その他親権者又は後見人の署名を得ることができない事情がある場合には、都道府県旅券事務所にご相談ください。
⇒※未成年者のパスポート発給申請における注意点

●申請書の代理提出について

新しく発行されるパスポートの申請を、申請者が配偶者、二親等以内の親族、その他の代理人に依頼して申請書を提出する場合においても、申請書に申請者本人が記入しなければならない事項がありますので、本人記入の上、パスポート申請に必要な書類とともに各都道府県のパスポート申請窓口に提出して申請を行ってください。

代理人についても、本人確認書類が必要となりますので、持参してください。
代理人による提出が認められない場合もあります。詳しくは各都道府県のパスポート申請窓口にご相談ください。また、代理人による申請書提出を行った際、パスポート申請窓口において、申請者本人による確認を求められる場合には、申請者本人が窓口に出向くようにしてください。

●パスポート窓口の混雑する時期

パスポート窓口では、毎年長期休暇に入る前、長期休暇中が年間通じて大変混み合う時期となります。申請窓口によっては2時間~3時間待ちなども予想されますので、下記タイミングを避けて9月~10月中に申請されることをおススメします。
 
・春休み前 (1月~2月)
・ゴールデンウィーク前 (3月~4月)
・夏休み、お盆休暇前 (6月~8月)
・年末年始前 (11月~12月)
 
特に、7月~8月、年末年始は大変混雑しております。混雑している窓口では2時間~3時間待ちなど申請を行うまで長時間かかりますので、時間に余裕をもって申請に行くことをおススメします。

●パスポート窓口の混雑する曜日

パスポートの申請窓口により、営業日・営業時間が異なる為、混雑する曜日・時間帯が変わってきますが、どちらのパスポートセンター・パスポート窓口でも、
 
・月曜日
・金曜日
・休日の受取窓口
 
は大変混雑しております。できる限り火曜日から木曜日にパスポート窓口へ行かれることをおススメします。

●パスポート窓口の混雑する時間帯

パスポートの申請する窓口により、営業時間が異なる為、混雑する時間帯が変わってきますが、どちらのパスポートセンター・パスポート窓口でも、
 
・お昼の時間帯 11時30分~13時30分
・夕方の時間帯 16時以降
 
は大変混雑しております。混雑している窓口では2時間待ちなど長時間かかりますので、時間に余裕をもって申請に行く、営業開始直後(8時30分~9時頃)など混雑を避けて各パスポート窓口に行かれることをおススメします。

以上の事から、
火曜日~木曜日の営業開始直後(8時30分~9時頃)(特に9月~10月中)
にパスポートの申請に行かれると待ち時間も比較的少なく、スムーズに申請を行う事ができます。

●パスポート窓口の土日、祝日などの営業

パスポート申請窓口により、土曜日・日曜日などの営業を行っているパスポートセンター、パスポート窓口があります。

但し、祝日や年末年始(12/29~1/3)は各窓口ともお休みとなっておりますので、ご注意ください。

詳しくは各都道府県のパスポート申請窓口をご覧ください。

窓口にてパスポートを受領する

パスポートを受け取る時には以下のものを用意し、必ず本人が交付(申請)窓口にて受領しなければなりません。
(1)申請の時に渡された受理票(受領証)
(2)手数料(必要額の収入証紙及び収入印紙を受領証に貼付してください)

※パスポートの新規発行・取得手続きの代理人による受取は認められておりません。

▼パスポート受領時の支払い手数料一覧

旅券の種類 都道府県収入証紙
(注1)
収入印紙
10年間有効な旅券
(20歳以上)
2,000円 14,000円 16,000円
5年間有効な旅券
(12歳以上)
2,000円 9,000円 11,000円
5年間有効な旅券
(12歳未満)
2,000円 4,000円 6,000円
(注2)

年齢は、「年齢計算に関する法律」(明治35年法律第50号)により決まります。この法律によれば、年齢は誕生日の前日に1歳加算され、12回目の誕生日の前日に12歳となります。このため、手数料の減額措置は、12回目の誕生日の前々日までに申請を行った方に対し適用されます。
国・地域によっては、査証申請時または入国時に必要な旅券の残存有効期間を設けている場合があります。旅券の有効期間は十分ご確認ください。

(注1)都道府県によっては、現金払いとしているところもありますので、申請を予定しているパスポート申請窓口にお問い合わせください。
(注2)12歳未満の方の発給手数料は減額されます。

以上の手続きが完了後、パスポートを受領することができます。
申請書類などの不備があった場合などで、申請が受理されないなどのケースがありますので、くれぐれも余裕をもったスケジュールでパスポートの申請をされることをおススメします。

パスポート受領後、すでに渡航先や滞在期間が決まっている方は、

アメリカ(ハワイ州も含む)に渡航を予定されている方 ⇒アメリカ電子渡航認証システム「ESTA」

3ヵ月以上の滞在を予定している方 ⇒在留届電子届出システム「ORRnet」
の登録が必要です。

また、ビザの申請が必要な国へ渡航される方は各大使館・総領事館窓口へ申請する必要があります。 ⇒ビザ(査証)の説明と申請方法

また外務省が運営する
外務省海外旅行登録「たびレジ」というサービスがあります。

「たびレジ」は海外旅行や海外出張される方が、旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡などが受け取れるシステムです。
メールの宛先として、ご自身のアドレス以外にご家族や職場のアドレスも登録できます。

⇒たびレジとは


⇨パスポート申請に必要なものまとめ
⇨パスポートナビTOP

パスポートの新規発行(発給)申請のQ&A

Q.パスポートの新規発行(発給)の費用(手数料)はいくらかかりますか?
A.パスポートの新規発行(発給)にかかる手数料は、5年、10年とパスポートの種類によって異なります。
詳細につきましては、本ページ内のパスポート発行にかかる手数料をご覧ください。

パスポートの新規発行(発給)申請のQ&A 一覧に戻る

パスポート,取得Q.新規発行(発給)申請からどれくらいの期間で受け取れますか?
A.パスポートの申請から受領まで、1週間程度(土・日・休日を除く)で受け取ることができます。受け取りには本人がパスポートを申請した窓口へ行く必要があります。

パスポートの新規発行(発給)申請のQ&A 一覧に戻る

パスポート,取得Q.パスポートの新規発行(発給)申請に必要な書類はどのようなものですか?
A.一般旅券発給申請書戸籍謄本住民票の写しパスポート用の写真申請者本人と確認できる書類が必要となります。
詳細につきましては、本ページ内のパスポート新規発行(発給)の申請に必要な書類をご覧ください。

パスポートの新規発行(発給)申請のQ&A 一覧に戻る

パスポート,取得Q.以前パスポートを発行し、有効期間が過ぎたものを持っていますが更新(切替発給)できませんか?
A.できません。有効期間が過ぎた場合、新規発行(発給)と同じ手続きが必要となります。

パスポートの新規発行(発給)申請のQ&A 一覧に戻る

パスポート,取得Q.パスポートを紛失してしまったのですが、再発行をお願いできますか?
A.できません。犯罪などに使われ巻き込まれる危険性もありますので、まず紛焼失届出を出した後、新規発給申請を行う必要があります。また紛焼失届出を提出後パスポートが見つかったとしても、使用することはできませんのでご注意ください。

パスポートの新規発行(発給)申請のQ&A 一覧に戻る

パスポート,取得Q.1歳に満たない赤ちゃんでも、外国に行くのにパスポートが必要ですか?
A.必要です。
パスポートの申請は、申請者本人が各都道府県の申請窓口に行き申請することになっていますが、未成年の子供の申請につきましては、親権者が子供のパスポートを代理申請することが可能です。
パスポート申請書の2か所の署名欄(表面と裏面の申請者署名欄)については、基本的にはお子様に自署能力があればご本人に署名していただくことになりますが、お子様が(乳児等であるため)署名できないときには、親権者が代わって記入することが可能です。また、裏面の法定代理人署名欄にも親権者の署名が別途必要となります。申請書の記入につきご不明の点等ありましたら、各都道府県の申請窓口にご相談ください。
なお、パスポートを実際に受領する時は、パスポートの名義人が本人であることを確認する必要があるため、パスポートを申請した子供も申請窓口へ行く必要があります。

パスポートの新規発行(発給)申請のQ&A 一覧に戻る

パスポート,取得


▶パスポート取得申請関連ページ

⇨パスポート新規発行(発給)取得申請から受領までの流れ
⇨未成年者のパスポート取得申請における注意点
⇨パスポート更新(切替発給)手続きの申請から受領までの流れ
⇨パスポート再発行手続きの取得申請から受領までの流れ
⇨パスポート紛焼失届出の申請方法
⇨本籍地や名前、苗字変更時のパスポート記載事項変更申請方法
⇨パスポート増補(余白ページ追加)手続き方法
⇨パスポート申請用証明写真の規格(申請用写真撮影時の服装等注意点)
⇨ICパスポート(旅券)とは
⇨ICパスポート(旅券)についてのQ&A
⇨パスポートは5年?10年?メリット・デメリットを比較

▶渡航先等、海外でのパスポート取得申請関連ページ

⇨パスポート新規発行(発給)取得申請から受領までの流れ
⇨未成年者のパスポート取得申請における注意点
⇨パスポート更新(切替発給)手続きの申請から受領までの流れ
⇨パスポート再発行手続きの取得申請から受領までの流れ
⇨パスポート紛焼失届出の申請方法
⇨帰国のための渡航書の申請の流れ
⇨本籍地や名前、苗字変更時のパスポート記載事項変更申請方法
⇨パスポート増補(余白ページ追加)手続き方法
⇨パスポート申請用証明写真の規格(申請用写真撮影時の服装等注意点)
⇨ICパスポート(旅券)とは
⇨ICパスポート(旅券)についてのQ&A
⇨ICパスポート(旅券)作成機が設置されていない在外公館
⇨パスポートは5年?10年?メリット・デメリットを比較

⇦パスポートナビTOPに戻る

全国のパスポートを申請できる窓口一覧


⇦パスポートナビTOP

パスポート申請