Q.パスポートの必要残存有効期間って?

パスポート申請

パスポートは5年または10年の有効期限が定められており、この有効期限が1年未満になるとパスポートの更新(切替申請)が認められます。

有効期限が1年未満となった場合はできる限り早めにパスポートの更新(切替申請)を行う事をおススメします。

その理由として、パスポートの有効期間が残っていれば、日本から出国はできますが、国によってはパスポートの必要残存期間が定められており、この期間が残っていない場合、入出国を認められないケースがあるからです。

※査証欄の余白ページ数も入出国時に求められる国もありますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

▶国別パスポートの必要残存有効期間

日本人がよく訪れる人気の国でも、各国で入国時に必要な残存有効期間が定められている場合が多くあります。

渡航先国で必要とされるパスポートの残存有効期間が不足しており、渡航先で入国が認められず旅行をあきらめなければならないケースが多く発生しており、外務省でもパスポートの必要残存有効期間の注意喚起を行っております。

以下では人気渡航先を抜粋して掲載しております。

地域 国名 必要残存期間
中南米 アメリカ 帰国時まで有効なもの
(入国時90日以上が望ましい)
※ハワイ:入国時90日以上
グアム:滞在日数分以上
アジア 中国 入国時6カ月以上が望ましい
(査証欄余白2頁以上)
香港 入国時滞在日数+1カ月以上
台湾 入国時3ヶ月以上
韓国 入国時3ヶ月以上
マカオ 入国時滞在日数+30日以上
タイ 入国時6カ月以上
シンガポール 入国時6カ月以上
ベトナム 入国時6カ月以上
オセアニア オーストラリア 滞在日数分以上
ニュージーランド 入国時滞在日数+3カ月以上
モルディブ 入国時6カ月以上
タヒチ 入国時滞在日数+3カ月以上
(査証欄余白2頁以上)
ヨーロッパ イギリス 帰国時まで
イタリア 出国時90日以上
スペイン 帰国時まで有効なもの
(入国時90日以上が望ましい)
ドイツ 帰国時まで有効なもの
(入国時90日以上が望ましい)
フランス 出国時3カ月以上
ベルギー 出国時滞在日数+90日以上
ポルトガル 出国時3ヶ月以上
オランダ 出国時3ヶ月以上
ギリシャ 入国時滞在日数+3か月以上

またヨーロッパでは、「シェンゲン協定」というものがあり、加盟国では、3カ月以上の残存有効期間、かつ、10年以内に発効されたパスポートを所持していなければなりません。

※シェンゲン協定加盟国:
アイスランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク

渡航日直前で残存期間に気づいて慌てて申請するケース、間に合わず更新(切替申請)を行わないまま渡航し、渡航先・経由地で入出国が認められなかった等もありえます。

また飛行機を乗り継ぐ経由地でも残存有効期間が必要となりますので、事前にパスポートの更新(切替申請)を行う事を強くオススメいたします。

▶パスポート取得申請関連ページ

⇨パスポート新規発行(発給)取得申請から受領までの流れ
⇨未成年者のパスポート取得申請における注意点
⇨パスポート更新(切替発給)手続きの申請から受領までの流れ
⇨パスポート再発行手続きの取得申請から受領までの流れ
⇨パスポート紛焼失届出の申請方法
⇨本籍地や名前、苗字変更時のパスポート記載事項変更申請方法
⇨パスポート増補(余白ページ追加)手続き方法
⇨パスポート申請用証明写真の規格(申請用写真撮影時の服装等注意点)
⇨パスポートの必要残存有効期間って?
⇨パスポート窓口の混雑する時期・時間・曜日
⇨ICパスポート(旅券)とは
⇨ICパスポート(旅券)についてのQ&A
⇨パスポートは5年?10年?メリット・デメリットを比較

▶渡航先等、海外でのパスポート取得申請関連ページ

⇨パスポート新規発行(発給)取得申請から受領までの流れ
⇨未成年者のパスポート取得申請における注意点
⇨パスポート更新(切替発給)手続きの申請から受領までの流れ
⇨パスポート再発行手続きの取得申請から受領までの流れ
⇨パスポート紛焼失届出の申請方法
⇨帰国のための渡航書の申請の流れ
⇨本籍地や名前、苗字変更時のパスポート記載事項変更申請方法
⇨パスポート増補(余白ページ追加)手続き方法
⇨パスポート申請用証明写真の規格(申請用写真撮影時の服装等注意点)
⇨ICパスポート(旅券)とは
⇨ICパスポート(旅券)についてのQ&A
⇨ICパスポート(旅券)作成機が設置されていない在外公館
⇨パスポートは5年?10年?メリット・デメリットを比較

⇦パスポートナビTOPに戻る

全国のパスポートを申請できる窓口一覧