Q.パスポートの必要残存有効期間って?

パスポート申請

パスポートは5年または10年の有効期限が定められており、この有効期限が1年未満になるとパスポートの更新(切替申請)が認められます。

※有効期限が1年以上残っていても赴任や留学などでの長期滞在の予定がある場合は、事情を確認できる書類を提出することによりパスポートの更新を行える場合があります。

詳しくは申請予定のパスポート窓口へお問い合わせください。

スポンサーリンク

パスポートの必要残存有効期間って?

パスポート,ビザ
有効期限が1年未満となった場合はできる限り早めにパスポートの更新(切替申請)を行う事をおススメします。

その理由として、パスポートの有効期間が残っていれば日本から出国はできますが、国によってはパスポートの必要残存期間が定められており、この期間が残っていない場合入出国を認められないケースがあるからです。

※査証欄の余白ページ数も入出国時に求められる国もありますので、ご注意ください。

※パスポートの残存期間は切り捨てになります。
 有効中のビザをお持ちの方、旅行会社等へ切替前の旅券番号で手続されている方はご注意ください。

国別パスポートの必要残存有効期間

日本人がよく訪れる人気の国でも、各国で入国時に必要な残存有効期間が定められている場合が多くあります。

渡航先国で必要とされるパスポートの残存有効期間が不足しており、渡航先で入国が認められず旅行をあきらめなければならないケースが多く発生しており、外務省でもパスポートの必要残存有効期間の注意喚起を行っております。

以下では人気渡渡航先を抜粋して掲載しております。

地域国名必要残存期間
中南米アメリカ帰国時まで有効なもの
(入国時90日以上が望ましい)
※ハワイ:入国時90日以上
グアム:滞在日数分以上
アジア中国入国時6カ月以上が望ましい
(査証欄余白2頁以上)
香港入国時滞在日数+1カ月以上
台湾入国時3ヶ月以上
韓国入国時3ヶ月以上
マカオ入国時滞在日数+30日以上
タイ入国時6カ月以上
シンガポール入国時6カ月以上
ベトナム入国時6カ月以上
オセアニアオーストラリア滞在日数分以上
ニュージーランド入国時滞在日数+3カ月以上
モルディブ入国時6カ月以上
タヒチ入国時滞在日数+3カ月以上
(査証欄余白2頁以上)
ヨーロッパイギリス帰国時まで
イタリア出国時90日以上
スペイン帰国時まで有効なもの
(入国時90日以上が望ましい)
ドイツ帰国時まで有効なもの
(入国時90日以上が望ましい)
フランス出国時3カ月以上
ベルギー出国時滞在日数+90日以上
ポルトガル出国時3ヶ月以上
オランダ出国時3ヶ月以上
ギリシャ入国時滞在日数+3か月以上

またヨーロッパでは「シェンゲン協定」というものがあり、加盟国では3カ月以上の残存有効期間かつ、10年以内に発効されたパスポートを所持していなければなりません。

※シェンゲン協定加盟国:
アイスランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク

渡航日直前で残存期間に気づいて慌てて申請するケース、間に合わず更新(切替申請)を行わないまま渡航し、渡航先・経由地で入出国が認められなかった等もありえます。

また飛行機を乗り継ぐ経由地でも残存有効期間が必要となりますので、事前にパスポートの更新(切替申請)を行う事を強くオススメいたします。

パスポート各種申請ページ