Q.ESTA(エスタ)登録の対象者って?

 

2018年最新版! アジア旅行を安くできるベストタイミングとは?

日本人に人気の、ハワイやグアム等、アメリカに属する地域などではビザを免除するビザ免除プログラムがあります。但し、渡航する場合はアメリカ電子渡航認証システムESTA(エスタ)に登録する必要があります。

ESTA(エスタ)とは、Electronic System for Travel Authorizationの略であり、ESTA(エスタ)という呼称でよばれ、アメリカの電子渡航認証システムのことをいいます。

渡航認証とは、入国カードと同じ働きをし渡航者の中に危険人物が含まれていないかどうかを事前に把握するために米国政府が導入したシステムです。

本ページでは、アメリカ電子渡航認証システムESTA(エスタ)の登録の対象者、資格者について紹介します。
アメリカ電子渡航認証システムESTA(エスタ)についての詳しい内容は、アメリカ電子渡航認証システムESTA(エスタ)とはをご覧ください。

ESTA(エスタ)の登録の対象者・資格者について

esta,エスタ,アメリカ,visa,ビザ
ESTA(エスタ)とは、Electronic System for Travel Authorizationの略であり、ESTA(エスタ)という呼称でよばれ、アメリカの電子渡航認証システムのことをいいます。
渡航認証とは、入国カードと同じ働きをし渡航者の中に危険人物が含まれていないかどうかを事前に把握するために米国政府が導入したシステムです。
アメリカ電子渡航認証システムESTA(エスタ)とは、VISA WAIVER PROGRAM(ビザ免除プログラム対象)参加国から船舶または航空機でアメリカ合衆国へ入国する入国者に対し、米国出入国カード(I-94W:紙製でVWP参加国の渡航者が米国入国時に記入しているもの)をアメリカ合衆国への渡航(アメリカ合衆国を経由して他国へ渡航する場合も含む)前に、インターネットで申請することを義務付けているものです。


システムへの登録は9・11委員会勧告実施法と呼ばれるもので義務付けられており、アメリカ合衆国国土安全保障省(DHS)により、日本語を含む複数言語をサポートするウェブサイトが運営されています。

登録の対象者、資格者については下記項目すべてに当てはまる場合になります。

(1)VISA WAIVER PROGRAM(ビザ免除プログラム対象)参加国のパスポートを持っている
以下の国の市民または国籍の場合、入出国時にビザが免除されESTA(エスタ)による申請が可能です。

日本、大韓民国、台湾、イギリス、アンドラ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルネイ、チリ、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、マルタ共和国、サン・マリノ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス

(2)パスポートの残存期間がアメリカ入国日から90日以上ある
日本人の場合、パスポートの残存期間がアメリカに入国した日から90日以上あれば問題ありません。
但し、通常ESTA(エスタ)は2年間有効ですが、パスポートの残存期間が2年未満の場合はパスポートの有効満了日までとなります。

(3)観光、商用目的の渡航である
観光、短期商用を目的に限りESTA(エスタ)を利用してアメリカへ入国することができます。
ESTA(エスタ)で現地で働くことはできません。

(4)アメリカの滞在日数が90日以内である
最長90日間まで連続で滞在することが認められています。一度出国し、再度入国すれば滞在日数はリセットされます。

(5)犯罪歴がなく、健康である
感染症などにかかっていないこと、過去に逮捕歴、犯罪歴がないこと

<犯歴等に関する質問内容> 2015年3月現在の質問内容
1) 身体的あるいは精神的な障害があるか、薬物乱用者あるいは中毒者であるか、現在以下に挙げる疾病のいずれかに罹患していますか? ( 軟性下疳、 りん病、 鼠径部肉芽腫、 感染性らい病、 性病性リンパ肉芽腫、 感染性梅毒、 活動性結核症)

====省略======
※補足  身体的または精神的障害に関して以下にあてはまる場合、この質問に「はい」と回答してください。
 (a) 現在、身体的または精神的な障害を患っており、その障害に関連して自身または他者の所有物、安全、健康に脅威を与える可能性があるかこれまで脅威を与えたことのある行動を起こした経歴がある。あるいは、
 (b) 過去に身体的または精神的な障害を患っており、その障害に関連して自身または他者の所有物、安全、健康に脅威を与えた行動を起こした経歴があり、その行為は繰り返されるか、その他の危害を及ぼす行為につながる可能性が高い。

以下にあてはまる場合、「いいえ」と回答してください。
 (a) 現在、身体的・精神的な障害は全くない。あるいは、
 (b) 現在あるいは過去に身体的または精神的な障害を患っている/患っていたが、その障害は自身または他者の所有物、安全、健康に脅威を与える可能性があるかこれまで脅威を与えたような行動には関連していない。あるいは、
 (c) 現在、身体的または精神的な障害を患っており、障害は行動に関連があるが、当該の行動は自身または他者の所有物、安全、健康にこれまでも現在もこれからも脅威を与えた/与えることはない。あるいは、
 (d) 過去に身体的あるいは精神的な障害を患っており、その障害は自身または他者の所有物、安全、健康に脅威を与えた行動に関連があったが、その行動が繰り返される可能性は低い。
====省略======

2) 他者あるいは政府当局に対する重大な器物破損または傷害行為を招いた犯罪で逮捕されたり有罪判決を受けたりしたことがありますか?
※補足 米国大使館のサイトより引用: 不道徳な行為に関わる違反行為とは、本質的で、卑しい、堕落した違反行為のことで、社会の規則や人、あるいは社会に対する責務を受け入れない傾向にある場 合を指します。不道徳な行為に関わる違反行為の例(ただしこの限りでない):殺人、強姦、性的犯罪、子供に対する犯罪、売春、強盗、窃盗、詐欺、暴力犯罪)
====省略======

3) 違法薬物の所持、使用、流通に関連した法律に違反したことがありますか?
====省略======

4) テロ行為、スパイ活動、破壊工作、大量虐殺に関与するつもりですか?あるいはこれまでに関与したことがありますか?
====省略======

5) 自らあるいは他者が米国査証を入手したり米国に入国したりするために、これまで詐欺を行ったり、自身あるいは他者を偽ったりしたことがありますか?
====省略======

6) 現在米国において雇用を求めているか、以前に米国政府の事前許可を受けずに米国で雇用されたことがありますか?
====省略======

7) 現在または以前に所有した旅券で申請した米国査証が却下されたり、米国への入国が拒否されたり、米国通関手続地で入国申請を撤回されたことがありますか?
====省略======

8) 米国政府により承認された期間を超えて米国内に滞在したことがありますか?

以上が、ESTA(エスタ)申請時に入力が必要な設問です。

そのほか、DUI(飲酒運転)とESTA(ESTA)について
米国ではDUI(Driving under Influenceの略)は交通違反ではなく犯罪として取り扱われています。しかしながら米国国務省はDUIに関して1回のDUIによる有罪判決は米国への入国を拒否する要因にはならず、複数回のDUIの有罪判決や他の罪との組み合わせで有罪判決を受けている場合には米国への入国を拒否することができます。とされています。

以上から1回のDUIにおいて有罪判決を受けた方であればESTA(エスタ)にて渡航することが出来ると考えられます。(※入国を保証するものではありません)

(6)過去にアメリカのビザを却下されていない
ESTA(エスタ)は簡易的なシステムのため過去にアメリカのビザを一度でも却下されている場合には許可されないことがあります。

(7)現在、他にアメリカの有効なビザを持っていない
ESTA(エスタ)はビザ免除で渡航する場合に必要であり、他に有効なアメリカのビザを持っている場合には申請する必要はありません。

(8)パスポートはeパスポート(IC旅券)を保有している
パスポート,申請,esta,エスタ,アメリカ,visa,ビザ
2006年3月20日以降に発行されているパスポートから、ICチップを搭載したものになっており、国籍や名前、生年月日など旅券面の身分事項のほか、所持人の顔写真を電磁的に記録されています。冊子中央にICチップ及び通信を行うためのアンテナを格納したカードが組み込まれているものです。

⇒ICパスポート(旅券)とは

(9)2011年3月以降リビア、ソマリア、イエメン、イラン、イラク、スーダンに渡航していない、二重国籍を持っていない
米国政府は2016年1月21日よりビザ免除プログラムの規定を一部改定し、ビザ免除プログラム対象国者に対し、過去に2011年3月1日以降にリビア、ソマリア、イエメン、イラン、イラク、スーダンまたはシリアに渡航または滞在したことがある方、及びこれらの国籍を有する二重国籍者に対してビザ免除プログラムの利用しての渡航を禁止しております。該当する場合はビザ申請が必要となります。

 ⇒ビザ(査証)の説明と申請方法(姉妹サイト「大使館ナビ」へ移動します)

アメリカ電子渡航認証システムESTA(エスタ)についてのQ&A

ESTAについてよくある質問をQ&A形式でまとめています。詳細は各リンクよりご覧ください。

▶アメリカ電子渡航認証システムESTA(エスタ)



https://esta.cbp.dhs.gov/esta/
ESTAの新規取得・更新、現状の取得状況についてご確認いただけます。

▶パスポートの各種取得申請メニュー

▶パスポートを取得申請される方のよくある質問




※パスポートナビでは常に最新の情報への更新を心がけておりますが、外務省または各都道府県の各自治体の公開している情報と相違が生じる場合は、外務省または各都道府県の各自治体サイトにて公開されている情報が正となります。

ハワイなどアメリカの入国に必要なESTA(エスタ)とは?
⇦パスポートナビTOP


⇦パスポートナビTOP

ESTA