【適格性に関する質問】-ESTA(エスタ)の登録・申請手続きの手順

 

2018年最新版! アジア旅行を安くできるベストタイミングとは?

日本人に人気の、ハワイやグアム等、アメリカに属する地域などではビザを免除するビザ免除プログラムがあります。

2009年1月12日以降、アメリカのビザ免除プログラムを利用して、航空機または船でアメリカに渡航するすべての渡航者は、事前に電子渡航認証システム ESTA(エスタ)により、電子渡航認証の取得が義務付けられることになりました。

ESTA(エスタ)とは、Electronic System for Travel Authorizationの略であり、ESTA(エスタ)という呼称でよばれ、アメリカの電子渡航認証システムのことをいいます。

アメリカへビザ免除プログラム(VISA WAIVER PROGRAM)を利用して航空機または船で渡航される方は、全員ESTA(エスタ)による渡航認証の取得が必要です。

アメリカ電子渡航認証システムESTA(エスタ)についての説明はアメリカ電子渡航認証システムESTA(エスタ)とはをご覧ください。

本ページでは、アメリカ電子渡航認証システムESTA(エスタ)の登録・申請手続きの手順について紹介します。
今回は、STEP4:適格性に関する質問になります。

STEP1からご覧になられたい方はSTEP1:トップページ~申請前からご覧ください。


ESTA(エスタ)申請の手順 適格性についての質問

ESTA(エスタ)の入力は全て英文、英文字表記での入力のみとなります。
日本語は使えませんのでご注意ください。

(1) 適格性についての質問
esta,エスタ,申請,登録
9つの質問に対して、「いいえ」または「はい」を選択します。
質問内容は以下になります。

1) あなたは身体的あるいは精神的な疾患がありますか、あるいは薬物乱用者または依存症ですか、あるいは現在以下の疾病を患っていますか
コレラ
ジフテリア
結核、感染症
疫病
天然痘
黄熱病r
ウイルス性出血熱、エボラ熱、ラッサ熱、マールブルグ熱、クリミア・コンゴ熱を含む
重篤な急性呼吸器疾患は他者への伝染が可能で、死に至らしめる場合もあります

2)あなたはこれまでに、他者または政府当局に対して、所有物に甚大な損害を与えるか重大な危害を加えた結果、逮捕または有罪判決を受けたことがありますか?

3)あなたはこれまでに、違法薬物の所持、使用、または流通に関連するいずれの法規に違反したことがありますか?

4)あなたはテロ活動、スパイ行為、破壊工作、または集団虐殺に参画しようとしたり、あるいは参画したことがありますか?

5)あなたはこれまでに、あなた自身または他者用のビザを取得するため、あるいは米国に入国するため、詐欺行為または不正代理行為を犯したことはありますか?

6)あなたは現時点で、米国での就労を模索していますか、または過去に米国政府の許可なく、米国で雇用されていたことがありますか?

7)あなたはこれまでに、現在使用中あるいは過去に使用していたパスポートを用いて米国ビザを申請した際、否認されたことがありますか、あるいはこれまでに米国への入国を拒否、あるいは米国入国地での入国申請を取り消されたことがありますか?

8)あなたはこれまでに、米国政府が許可した滞在許可期間を超過して、米国に滞在したことがありますか?

9)2011年3月1日以降、イラク、シリア、イランまたはスーダンに渡航あるいは滞在したことはありますか?

上記質問に対し、1つでも「はい」がある場合、ESTA(エスタ)の承認はかなり厳しくなります。
くれぐれもお間違えの無いよう、ご注意ください。


(2) 権利の放棄
esta,エスタ,申請,登録
ESTA(エスタ)を取得しアメリカへ渡航したとしても、入国管理局員が下す審査に不服申し立て、異議を申し立てる権利の放棄すること表明するといった内容が書かれています。

原文は以下になります。

権利の放棄
ESTAにより取得した私の渡航認証有効期間中、入国許容要件に関しU.S. Customs and Border Protection 審査官が下す決定について、審査または不服申立てを行う、あるいは亡命の申請事由を除き、Visa Waiver Programによる入国申請から生じる除外措置について、意義を申し立てる権利をここに放棄する、という通告を読み、その旨承知しました。

上記の放棄宣誓に加え、Visa Waiver Programに基づく米国への入国条件として、米国到着時の審査中、生体認証識別(指紋や写真など)を提出することにより、U.S. Customs and Border Protection Officer審査官の入国に関する決定について、審査または不服申立てを行う、あるいは亡命の申請事由を除き、Visa Waiver Programによる入国申請から生じる除外措置について意義を申し立てる権利を放棄することを、再度表明するものとします。

・申請内容に関する証明:
私、すなわち申請者本人は、この申請についてのすべての質問事項および通告を読み、あるいは既に読み終え、この申請に関する質問事項および通告のすべてを承知した旨、ここに証明します。この申請フォーム上で提供された回答と情報は、私の知る得る限り真実かつ正確なものです。

・第三者による代理申請の場合に限定:
申請者の代理でこの申請フォームを提出する第三者である私は、この申請フォームにどの個人名が表示されているか(申請者)、この申請に関するすべての質問事項と通告を読んだことをここに証明します。さらに、この申請に関するすべての質問事項および通告を、申請者本人が読み、あるいは読んで聞かせ、申請者本人がこの申請に関するすべての質問事項および通告について承知したともに、U.S. Customs and Border Protection審査官による申請者の入国に関する決定について、審査または不服申立てを行う、あるいは亡命の申請事由を除きVisa Waiver Programによる入国申請から生じる除外措置について、意義を申し立てるあらゆる権利を放棄することを証明している旨保証します。この申請フォーム上で提供された回答と情報は、申請者の知り得る限り真実かつ正確です。

上記が問題なければチェックボックスにチェックを入れます。

以上の項目の入力が完了しましたら、次項へ進みます。

次項では、「申請内容の確認」の入力についてご説明いたします。
STEP3:渡航情報

STEP5:申請内容の確認


アメリカ電子渡航認証システムESTA(エスタ)についてのQ&A

ESTAについてよくある質問をQ&A形式でまとめています。詳細は各リンクよりご覧ください。


▶アメリカ電子渡航認証システムESTA(エスタ)



https://esta.cbp.dhs.gov/esta/
ESTAの新規取得・更新、現状の取得状況についてご確認いただけます。

▶パスポートの各種取得申請メニュー

▶パスポートを取得申請される方のよくある質問




※パスポートナビでは常に最新の情報への更新を心がけておりますが、外務省または各都道府県の各自治体の公開している情報と相違が生じる場合は、外務省または各都道府県の各自治体サイトにて公開されている情報が正となります。

ハワイなどアメリカの入国に必要なESTA(エスタ)とは?
⇦パスポートナビTOP


⇦パスポートナビTOP

ESTA